興学社高等学院で学べることをチェック!通信制高校で学ぶ
ロゴ

興学社高等学院の特徴を知って学校と子供との適正をみよう

通常の高校の選び方とは違う?

通信制高校を選ぶ際には、通常の高等学校を検討する際とは違うのではないかと思われがちです。しかし、選ぶポイント的にはそれほど変わりません。公立と私立の通信制高校では学費が大きく異なるのも同じ比較ポイントです。

通信制高校を選ぶ際のチェックリスト

  • 自宅学習がメインなのかどうか
  • スポーツに力を入れているか
  • 芸能科目があるかどうか
  • 広域通信制高校か狭域通信制高校か
  • 学校から自宅までの距離が負担でないかどうか
  • 資料を取り寄せる
  • 学校の雰囲気を確認する
  • 授業のカリキュラム
  • 学費
  • 進学コースがあるか

興学社高等学院で学べることをチェック!通信制高校で学ぶ

勉強道具

学校の特徴を知ろう

全日制の学校に通うのが難しい人も教育の機会が均等に受けられるように、通信制高校や夜間高等学校や専門学校など、様々な学びの場が用意されています。大学検定試験に受かれば、将来的に大学に通うこともできるのです。事情があって学ぶ機会が中断された人も、このような制度を活用しましょう。
そんな通信制高校の一つが興学社高等学院です。学校を検討する際には必ず特徴やこの学校の校風、カリキュラムを確認すべきなので、興学社高等学院を受けてみる前にチェックしましょう。口コミもたくさん公開されていますが、興学社高等学院は自由に授業を選択できるのが魅力だという声があります。ソーシャルスキルを学ぶことのできるカリキュラムも組まれているため、単に自由にしているというわけではありません。そのため、将来社会に出ていくためのトレーニングが生徒のペースでできるところだといえるでしょう。

学科をチェック

興学社高等学院では実際にどのようなサポートを生徒に施しているのか、学科別にチェックすることも大事です。
総合進学科においては、学習の基礎からサポートしてくれるので学びに躓いた生徒でも一から勉強をし直すことができます。必修科目は決まっていますが、他に自由選択の授業があるので、その生徒の学習進度に合わせてカリキュラムを組めます。数学が苦手な子には数学を丁寧に教えてくれますので、授業に遅れることを心配することもありません。総合進学科ではパソコン検定やパソコンスキルも学べるので、実践的であるといえるでしょう。
リベラルアーツ科では人と違った行動をしてしまう、ADHDやLDといった生徒が生活に適応できるための感覚統合トレーニングを行ないます。少人数での指導が望ましいので、募集人数も少なくなっています。それ以外にも特進科が興学社高等学院にはあります。ここでは積極的に大学進学を望む人に指導を行なっているので、大学進学も目指せます。予備校で使われているシステムを学校で使えるので、自分のことを良く知っている講師陣に進路相談をしながら勉強ができるのです。

興学社高等学院に通っている生徒の親からの感想

人間関係におびえることなく過ごせます

息子は以前いじめを受けた経験があったので、高校に行くことを一度はあきらめました。どこに行っても人と対面しないところはありませんから…。だけど興学社高等学院は安心して通える環境が保てるところなので安心です。

講師に気軽に相談できる

普通の学校は平均的な子供に合わせて授業を進めますから、中学校では娘は置いてけぼりって感じでした。だけど、興学社高等学院なら少人数制ですし先生も生徒と余裕をもって接してくれるので通い続けることができています。

好きな授業が選べてモチベーションが上がる

娘は習う必要性がない授業にはとことん興味を持たないので、普通の学校には行く気がないと言って困っていました。興学社高等学院は自由選択制なので、毎日学校に行く必要ができたとばかりに通学のモチベーションが上がっているようです。

自立に向けてサポートしてくれる

将来への不安が私も子供も大きく、身動きが取れずにいました。興学社高等学院は職業体験の授業もしてくれているので、具体的な将来への取り組みももてて少し安心しています。息子も自立のイメージができたと喜んでいます。

広告募集中